MENU

学生はプロミスでお金を借りられるのか

 

キャッシング、カードローンを利用する際に問題になるのが身分と年齢です。

 

大手のキャッシングでは未成年が利用できないものがほとんどで、中には学生の利用は不可としているところもあります。それでは学生がプロミスを利用することはできるのでしょうか。

 

プロミスは学生でも利用できる?

 

プロミスの契約条件にある年齢の項目は20歳から69歳までとなっています。この条件を満たしていれば学生でも利用は可能です。

 

学生ローンでは保証人を求めたり、保護者の同意書を要求するものもありますが、プロミスでは不要です。成人していればほかの利用客と同じようにプロミスでお金を借りることができるのです。

 

学生がプロミスを利用する上での条件

 

学生がプロミスを利用するための条件はほかの利用者と同様、安定した収入があることです。学生の身分であればアルバイトの収入などがこれにあたるでしょう。

 

ただ、アルバイトをとにかくしていれば良いというものではありません。既に一定期間以上、同じ職場で働いているという条件がつきます。これは収入の安定性を見るためです。

 

アルバイトを転々としている場合、いつ収入が途絶えてもおかしくなく、安定した収入があるとは言えなくなります。

 

そこで一定期間以上の勤続期間があることが、安定収入とみなすための条件になるのです。

 

手続きで必要になるもの

 

プロミスに申し込みをする際には、本人確認書類が必ず必要になります。学生の場合、身分証を提示するときは学生証を見せることが多いでしょうが、プロミスの本人確認に学生証は使えません。

 

運転免許証や健康保険証を準備しておきましょう。また、収入を証明する書類も求められる可能性があります。

 

本来は50万円より大きな金額を希望するときだけ収入証明が必要になるのですが、学生ということで収入は低く、かつ不安定になりがちです。

 

きちんと返済が可能かどうかを判断するために、収入証明書を提出するように求められるのです。アルバイトということで給与明細を用意すれば良いでしょう。

 

これは2ヶ月分が必要です。源泉徴収票ならば一ヶ月分で構いません。

 

終わりに

 

このように学生であっても収入がある成人であれば、プロミスでお金を借りることはできます。

 

ただ、やはり学生相応の収入しかないために、利用限度額はかなり低めに抑えられてしまうでしょう。もともと25歳以下の若年層は利用限度額が抑制されてしまう傾向にあります。

 

大きな金額を用意できる手段ではないことには注意が必要です。収入に見合った利用を心がけ、返済しきれないといったことのないように気をつけましょう。

 

娘の大学入試の費用はプロミスで工面