MENU

娘の大学入試の費用はプロミスで工面

 

大学入試は、人生の勝敗を決める大事な勝負です。大学に入れない人は人生でも、辛い状況にいるのは間違いがありません。しかし大学入試はとてもお金がかかります。一つの大学を受験するのに、3万円から4万円程度の受験料を支払わなければいけません。

 

私はパートの主婦をしていますが、大学入試の費用が支払うことができず、何とか消費者金融のプロミスで、お金を借りて、娘の受験費用にすることができました。今では娘はキャンパスライフを楽しんでいます。娘の分も私が代わってお礼をいいたいです。本当にありがとうございました。

 

【1】自己紹介

 

私は45歳のパートの主婦です。娘が今18歳で大学1年生です。その娘が去年、大学入試で3つの大学を受験することになりました。

 

そのすべてに合格をして、今では大学生として楽しい毎日を過ごしているようです。大学の受験費用で合計で12万円の出費でした。

 

当時貯金がなかった私には、大学入試と費用を支払ってやることができませんでした。娘が勉強ができるのに、親の私がお金を出してやれないせいで、試験も受けられない、ということになってしまったらかわいそうで仕方がありません。どうにかしてお金を工面しようと思った時に、駅前の消費者金融のプロミスの看板が目に入りました。

 

【2】パートでも借り入れができる

 

私はパートの主婦をしていて、もちろんサラリーマンではありません。消費者金融は、サラリーマン金融と言われていて、パートの女性では申し込みができないのか、と思いました。

 

そんなことはなくて、ATMで機械を操作していたら審査が始まり、30分後には審査に通過しました。無事にプロミスのカードを手にすることができ、12万円をすぐに借り入れることができました。

 

パートの人でも諦めてはいけません。サラリーマンでなくても大丈夫です。

 

【3】返済も計画的に

 

は私が借りた12万円は、半年経った今ではすべてお金を返すことができました。定期的にお金が口座から引き落とされるので、返済し損ねることもありません。

 

借りるのも簡単ですが、返済もほとんど自動的に終了することができました。金利も約8%と、返済する分には問題のない金額でした。

 

この先、お金が必要になった時もまた、お金をプロミスから借りようと思いました。ちなみに大学生になった娘にも、「プロミスのカードは一枚くらい作っておきなさい。ピンチになったらお金を借りたほうがいいわよ」とアドバイスしています。

 

日本貸金業協会

 

●まとめ

 

パートの主婦でも、プロミスなら審査に通ることができます。お金の使い道は人それぞれ。ほしいものがあったり、子供の受験費用だったりと、長い人生、どのような場合にお金が表になるのか全く予想はできません。プロミスのカードを一枚持っておいて、ピンチを乗り切ることが大事です。

虫歯が痛くなってもプロミスがあれば大丈夫

 

健康はいつ失われるのか全くわかりません。急に体が痛くなったり、急に頭が痛くなったりと、このような症状が出れば、早めに治療に行くことがおすすめです。

 

だからといって治療ができるのはお金のある人だけに限られます。お金がなければ満足な治療を受けることもできません。

 

サラリーマンの私は、この間、体調を崩しましたが、プロミスのおかげで何とか支払いを済ませることができました。体調が悪いときにも、プロミスは大事な存在だと再確認した次第です。

 

【1】自己紹介

 

私は32歳の男性のサラリーマンです。東京都内に勤務している男性です。この前で急に私の歯が痛み出しました。このままでは、何も食べることができません。

 

仕方がないので歯医者に飛び込んでみると、虫歯がかなり進行していました。治療に時間がかかり、1ヶ月の治療の結果、何とか痛みを収まりました。

 

しかし請求されたお金が5万円でした。まとまったお金もなく、どうやって支払うのか、と悩み始めました。そんな時に利用したのは消費者金融のプロミスでの即日融資です。

 

【2】サラリーマンにはプロミスがベスト

 

私は消費者金融を利用したことが今までありませんでした。結論から言うととても便利で、なぜ今まで使ってこなかったとか、という後悔の念がわきました。

 

申し込みから、実際にカードを使ってお金を手にするまでにかかった時間を約30分でした。サラリーマンの人なら、大概の人は審査に通ることができます。

 

お金を借りる用事のない人でも、申し込みだけしておいて、プロミスのカードを作成しておきましょう。困った時には便利に使うことができますよ。

 

【3】プライバシーも守られている

 

ATMに行った際に気が付いたのは、プロミスが川プライバシーに配慮されているという点でした。どのお客さんが何をしているのかが、全く見えないようになっていて、安心してお金を借りることができます。

 

どうしてもお金を借りる時には、後ろめたい気持ちになってしまうのは仕方がありません。プロミスはそんな心理的な負担や、周りの目を気にする繊細な消費者の心理的な負担を取り除いてくれています。

 

細かいところまで気を遣ってくれる消費者金融は、プロミスしかないと思いました。

 

●まとめ

 

お金に困ったサラリーマンの私でも、無事に虫歯の治療をすることができました。健康はとても大事です。具合が悪くなったら、すぐに治療を受けましょう。

 

お金がなくても大丈夫。プロミスからまとまったお金をスピーディーに借りることができます。プロミスのカードはサラリーマンに絶対に必要なアイテムだと実感できるでしょう。